満足屋

BLOG

ブログ

HOMEスーツの着方講座英国生地の歴史を知る。生地の原点とは?~FOX BROTHERS~

英国生地の歴史を知る。生地の原点とは?~FOX BROTHERS~

 

皆さま、こんにちは!

石和店の翔です 💡

 

本日は、前回と同様に

納品されたばかりの生地のご紹介をしていきたいと思いますが、

前回とは違い、今回は英国生地(イギリス)のご紹介をしていきたいと思います!!

 

これまでは、イタリア生地を多くご紹介してきましたが、

イタリア生地と英国生地

なにがどう違うの?と思った方も多くいらっしゃるかと思います。

イタリア生地と英国生地この2つの原産国の違いは

生地を選ぶ上で非常に大事かつ、特徴にかなりの違いがございます。

 

本日は、そんな英国生地の中でも絶大なる人気のブランドでもあります

「FOX BROTHERS」

こちらの中から、新しく誕生いたしました

~FOX CITY~

のご紹介と共に説明していきたいと思います。

フォックス ロゴ

 

「FOX BROTHERS」とは?

 

フォックスブラザーズは、1772年に英国西部のサマセット・ウェリントンで

創業した老舗ミルです。

皆さまも、一度は聞いたこと、着たことはあるだろう「フランネル」

実は、このフランネルの創設者がフォックスブラザーズなのです。

生みの親ですね♪

世界中の名門テーラーで長く愛されております。

 

そんなフォックスブラザーズの中で、

本日ご紹介するのが、

「FOX CITY」

今季新しく誕生したレーベルです。

フォックスブラザーズ

 

 

特徴としては、一年のうち真冬、真夏を除く長い期間着用できる

汎用性の高いファブリックで、日本では通年で使用可能といえます。

オーセンティックなデザイン、ネイビー、ブラウン、グリーンなどのソリッドカラーは

スーツ、ジャケット単体で、明るいカラーの数々はトラウザーズに最適です。

 

では、英国生地はイタリアの違いとは何なのでしょうか?

一番の違いは生地の織り方、考え方の違いがあります。

 

英国生地は、生地を織る際の経糸(タテ)と緯糸(ヨコ)に、

糸を2本綴り合せて1本の糸とした「双糸」を使用することが多いため、

目付がしっかりとしており、丈夫で高い耐久性があるという特徴があります。

英国スーツでは、自分の息子、孫へとスーツを継承する文化があるほど

丈夫でなくちゃいけませんね。

そして、気候も寒い。丈夫で温かいスーツが好まれます。

ビジネススーツのスーツ生地としてご愛用いただく方も多く、シワになりづらく、

回復力にも優れているためアフターケアも楽。

長い期間、良い状態を維持できる。

 

イタリア生地は、経糸と緯糸に「単糸」を使用されることで生まれる軽い着心地

クラシカルなテイストが多いイギリス生地に比べると艶があり、肌触りが滑らか。

着心地重視といえます。

そして、イタリア生地の特徴として一番といえることは

なんといってもその色柄の豊富さ、色彩感覚の豊かさが挙げられるでしょう。

生地作りの現場にデザイナーがいることもイタリアならではといえます。

 

他にもさまざまな違いはあるものの

どちらの国の生地も最高品質のものばかりです。

自分がどんなスーツが欲しいかで原産国も選んで頂くと

生地選びが面白くなっていきます!!

 

 

どうでしょうか?

一概に生地といっても色々ありますね~

奥が深い。日々勉強です。w

では、最後に今回のフォックス シティの一部を公開して締めたいと思います。

 

フォックスブラザーズ

フォックスブラザーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フォックスブラザーズ

フォックスブラザーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フォックスブラザーズ

フォックスブラザーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フォックスブラザーズ

フォックスブラザーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全58色柄

やはり、クラシックな色柄が多い印象です。

仕立て映え間違いなしの質感です。

目付も300g前後なので、日本では、真夏以外で重宝しそうですね♪

お問合せなどありましたら、HPからお気楽にお問合せ下さい!

満足屋石和店 外観

 

 

満足屋石和店

TEL:055-263-6585

カテゴリー

アーカイブ