満足屋

BLOG

ブログ

HOMEオーダー仕上がりご紹介割と知らないタキシードのこと.....。豆知識vol:③タキシードの着方

割と知らないタキシードのこと…..。豆知識vol:③タキシードの着方

 

 

こんにちは!

石和店の翔です 💡

 

台風が近づき、先日までずっと雨でしたね。

10月に入り、気温もかなり下がり、もう朝晩は寒いです。

我が家も分厚い布団を出し、朝布団から出られない症候群が始まりそうです。w

 

さて、本日は

ブライダルといえばのタキシード!

皆さまは、このタキシードの正しい着方をご存じでしょうか?

 

タキシードは、普段着ることがあまりないアイテムなので

その正しい着方をなかなか知らない方が多いかと思います 😯

今日は、そんなタキシードの着方を豆知識vol:③としてご紹介していきたいと思います!

 

 

オーダータキシード

 

まず、タキシードですがその本来の位置づけをご存じでしょうか?

タキシードの本来の役割は、燕尾服を着る夜会などのシーンの準礼装です。

 

スーツとは、違い様々なルールがあります。

たとえば、スーツにはネクタイを合わせますがタキシードには

蝶ネクタイを合わせるのが基本です。

そして、カマーバンドにエナメルのオペラシューズが基本のスタイルといえます。

 

ここ最近では、結婚式に新郎様がタキシードを着られるシーンをよく見かけますね♪

皆さま、様々なこだわりのタキシードで結婚式を迎えられております 😆

 

 

では、さらに細かくタキシードの仕様をご説明していきましょう♪

まず、タキシードとスーツの一番の違いは『襟の形』です。

スーツの場合基本シングルスーツの場合、「ノッチラペル」が基本です。

 

 

ダブルスーツは「ピークドラペル」が基本です。

 

メタル釦ダブルスーツ

 

しかし、タキシードの襟は「ショールカラー」、「ピークドラペル」が基本となります。

 

オーダータキシード

 

そして、この襟にシルクもしくは、ポリエステルを使った別生地を使う

「拝絹」仕様が入ります。

普段着るスーツとは、印象が全然変わりますよね♪

 

次にポケットの仕様も変わりまして、

 

オーダータキシード

 

ポケットの縁も拝絹生地と同様の生地を使い、フラップ(蓋)なしが基本となります。

釦もくるみ釦を使用します。

オーダータキシード

 

くるみ釦とは、スーツと同生地の釦のことです。

ビジネススーツではなかなか見ない仕様ですね!!

しかし、最近のオーダー業界では、普通の釦でお仕立てするタキシードも増えています。

自由にオリジナリティを出してもOK!

そして、タキシードにはパンツにも特徴があります。

タキシードのパンツには、側章という拝絹同様別生地のラインが基本はいります。

 

どうでしょうか?

タキシードには、スーツと違った様々な特徴がありますよね 🙄

 

 

そして、合わせるワイシャツにも特徴があります。

合わせるワイシャツは襟の立っている「ウィングカラーワイシャツ」が基本となります。

そして、このウィングカラーワイシャツには2種類あり

前身ごろにダーツが入ったものと、入っていない物がございます。

タキシードの場合ダーツが入っているものを合わせてください。

 

オーダータキシード

 

こちらが、正式になります。

※写真は商品をそのまま着せたため、シワが目立ちます。

実際は、しっかりとシワを伸ばして着るようにしましょう。w

 

あまり、普段触れることの少ないタキシードですが

色々とルールやマナーがありますね。

しかし、これはあくまでも基本です。

基本を守り、敢えて着崩すのもお洒落のひとつです。

そのシーンに合わせたタキシードを着て頂ければと思います!

実際に使うシーンになったときに困らないように是非覚えておいてください。

又、わからないことがあればいつでもご相談にいらして下さい~♪

 

 

満足屋石和店 外観

 

 

満足屋 石和店

TEL:055-263-6585

 

 

カテゴリー

アーカイブ