SUIT MATERIAL 生地について

Ermenegildo Zegna
エルメネジルド・ゼニア

1910年にエルメネジルド・ゼニアによって創立されたイタリアを代表する世界的ファッションブランド。
天然素材の中から厳選に厳選を重ね徹底的に高品質な素材を仕様。
各界のVIPを顧客に持ち、現在のトレンドを牽引していると言っても過言ではありません。

Dunhill
ダンヒル

1880年にアルフレッド・ダンヒルが、馬具専門製造卸売業としてロンドンで創業。ダンヒルの商品の多くは「モートリティーズ」という言葉が1つのキーワードとなる。この言葉は自動車(Motoring)と権威(Authorities)を組み合わせた造語で、コンセプトとのような位置づけ。ディレクターにはトム・ボルト、キム・ジョーンズ、ジョンレイなど有名デザイナーが歴任している。

FRATELLI TALLIA DI DELFINO
フラッテリ・タリア・ディ・デルフィノ

1903年にイタリアのストローナにおいてガルディア・タリアが創業。日本での知名度はまだ高くありませんがErmenegildo Zegna、LoroPianaと並び世界3大ミルと称され、著名人やアパレル関係者からは高い評価を得ています。Super120's Super150'sウール、シルク、カシミアなど高級梳毛・紡績織物を得意としています。

LoroPiana
ロロ・ピアーナ

1924年にピエトロ・ロロ・ピアーナ(Pietro Loro Piana)が創業。
Ermenegildo Zegna、FRATELLI TALLIA DI DELFINOと並ぶ世界3大ミル(織元メーカー)。 ノーブルで上品な色気のある柄、生地の風合いも柔らかく気品があります。キートン、ブリオーニ、イザイアなど世界的に有名なブランドにも服地を供給しています。

Ferla
フェルラ

イタリアの名門老舗テキスタイルメーカー。主に特別な糸や、高貴な繊維を熟練した方法で生産することで評判の高いフェルラ社は、常にファッションの先を行く生地のデザインで知られています。ベビーアルパカ使用のブークレは海外のセレブの間で話題となりファッション雑誌で取り上げられると瞬く間に知れ渡りました。

Vitale Barberis Canonico
ヴィタルバルベリス カノニコ

イタリア北部、織物の聖地ビエラ地方で1936年創業。良質原毛からの紡績、機織、染色まで一貫して自社工場で行い高品質な生地を生産。軽くなめらかな肌触りで上品な光沢、イタリア製生地ならではの発色の良さが特徴です。ヒューゴボス、バーバリー、アルマーニなど世界的ブランドにも服地を供給しています。