FOR SUIT スーツについて



























甲斐市商工会SHIFTリンク

採用情報


①ピークドラペル

「ピークド」とは
先が尖ったという意
フォーマルやダブルブレスト
スタイルによく見られる形
②セミピークドラペル

ピークドラペルの剣襟を
少し下げた形



③ノッチドラペル

「ノッチ」とは
V字型の刻みという意
ゴージラインがまっすぐで
襟刻みが菱形
スーツの定番と言えます
④セミノッチドラペル


ノッチドラペルの剣襟を
少し上げた形

⑤ショールカラー

ショールを首から下げたような
刻み目が無く曲線的な形
タキシードによく見られる



①レギュラーカット

ごく一般的なフロントカット



②カッタウェイ

前裾を大きく切り落としたスタイル
クラシコ系スーツにも多く見られ
体に沿うように流れるラインが特徴


③ラウンドカット

裾を丸く断ったもので
現在のスーツの原型



④スクエアカット

裾を前裾丸みをつけず
角型にしたもの
カジュアルジャケットに
よくみられます


①レギュラー

通常のゴージライン


②ハイゴーダ

タイとスタイルや
クラシコイタリアに良く合うゴージライン
体に沿うように流れるラインが特徴

③ローゴーダ

ソフトスタイル
柔らかい印象




①ロープドショルダー

スーツ発祥の地サヴィルロウで
伝統的に受け継がれてきた由緒ある型
肩山を少し高く盛り上げてあります

②ナチュラルショルダー

体に沿うような自然なシルエット
パットが薄いものやないものが多く
丸みのあるラインが特徴


③ドロップショルダー

袖付け線が普通よりも
腕の方に落ちている型
ナチュラルショルダーより
丸みのあるライン


③スクエアショルダー

肩先が角張ったライン
力強い男性的な印象
英国のスーツに多く見られます